×公約Part1-3 ホラっぽく その3

どう考えてもついてこられてないと確信してるけどまだまだ書く。
面倒になるまで。

相対権限について。
まず初めに言うと、匿名希望さん(笑)や、国に入ってないキャラには一切発言権はない。
政権掲示板に書いてもスルー。

政権に要望がある場合、まず役職付きになろう。もしくは役職者を仲間につけよう。
そうすれば位も上がり、三位や四位と相対できる。

この場合の相対は討論が主だろうね。
提案側は相手に有用さを認めさせれば勝ち。
勝ったら上に取り付いで貰おう。

問題なのが、取次に時間がかかるところ。そのため自分含め同位の三人の同意者を集める事でさらにもう一つ上に相対できるようにした。
一国だけが得するような内容だったら同意を得るのは難しいし、逆に万人が有用性を認められるようなものなら同意は得やすいはず。

いい案ならさっさと上位に回して審議したいし。

ここからは再現下での相対権限。

とりあえず先に言うと襲名者の相対で基本、再現は決着します。
ただし相対権限は健在です。
故に、襲名先が有力な程、位は高い方がいい。
そうでないと何人も蹴散らさないと行けないからね。

極端な例だと、関ヶ原で、
役なし徳川家康vs会長毛利輝元だった場合、家康が順に相対している間存分に準備もできるし、逆に体制が整って居ない内に潰す事もできる。
圧倒的有利…!

お互いに一位二位クラスならどちらも備えておかないといけないしね。

強ければ誰でも襲名できるってわけではないんで、そこらへんの駆け引きも楽しい…のかなぁ
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://manage192.blog120.fc2.com/tb.php/188-0ea0b90a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)