×壺e

こんばんは
こんばんは、壺です。

長らくお待たせいたしましたが、やっと発表です。
ペットはまだしも召喚獣は1回1回数えないといけないので非常に疲れますね…。
そんな壺さんの汗と努力の実験結果はこちら。

実験内容:
モフモフを召喚獣の攻撃によって倒し、捕獲ドロップ(捕獲率100%↑)のモフモフを何体捕獲できるかでドロップ率を図る。
堕落聖職者lv96(ステ振り有無し)、シーバットlv88(ステ振り有無し)そして こむたんjr lv99において計測。
魔法は使用せず通常攻撃のみで仕留めた。

実験結果:

品種 倒した数 捕獲した数 確率 ステ振り有無
堕落聖職者 1000 458 約46% 全振り
同上 1000 454 約45% 振り無し
こむたんjr 500 500 100% 全振り
シーバット 300 300 100% 全振り
シーバット 500 500 100% 振り無し

+α
豆フク 5000体討伐 5000体捕獲 冷徹少女記者提供

※ 捕獲が制限された時、通常ドロップ(たまねぎ等)をしたことは1度もなかったため、捕獲ドロップと通常ドロップに制限のかかり具合に差は生じていないものとする


この様な結果になりました。 
この結果から読み取れたことは、
①召喚獣にはドロップ制限が確かに存在する
②ドロップ制限はいかなる場合でも存在するわけではなく、召喚獣のランクによっては発動しないことがある。
③ステータスを振る振らないはドロップ制限に関与しない
④下位の敵を上位の召喚獣で多数狩るのは非効率である
⑤召喚ペットには①~④が当てはまらない

こうしてみると、ドロップ制限率は可変なのか とか堕落でも100%になることがあるのか とかいろいろ調べたくなってきますね。 でも取りあえず言えることは、
モフ捕獲に上位召喚獣は非効率的。 召喚ペットかシーバットなどの比較的ランクの低いものを使おう。


クリスマスに向けての捕獲がこれから盛んになってくると思われますが、その前に発表できてよかった…w

先ほど言及した点については、もしかしたら任期中に調べるかもしれませんが、調べた際は記事にて報告いたします。

それでは、次の記事で・・・。



自らが調べた実験結果を紹介していただいたタニース事務官前期記者、ちょっと前の質問について突然耳打ちで質問してもしっかり回答してくれた上に5000体ものデータを提供していただいた冷徹少女記者、召喚獣を進化の為ミスターMを雇用してくれた国守にこの場でお礼を…。
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://manage192.blog120.fc2.com/tb.php/261-6d9f67f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)